月別アーカイブ: 2016年12月

竹の利用

本日市民の森 木工館で、県農林技術開発センターが竹をチップにする作業が行われました。
森林ボランティアセンター、長崎市農林整備課、ながさき楽しみの森づくり会等の協力で
切った青竹をチッパーで砕いて粉末状にし、この粉末を牛の飼料に使う実験だそうです。
今春には伸びたタケノコを切って粉末にしたもので実験したらしいですが、
食べたそうで今回青竹も成功すれば、竹林の整備も進み、飼料代もコストダウンが出来るでしょうね(^・^)